ジャーナリスト映画

タイトル

  すべての政府は嘘をつく

“やはり見ておいて損はしない”
    
             

  新聞(家では朝日新聞を定期購読)の紙面上で、宣伝と報道の違いはもはや明確ではない(「ムーンライト」の時に痛感)。TVはもちろん常時CMを流している。果たしてあの映像の中に、自分に関係するものは幾つあるのか?と疑問を抱くことなく、視聴し続けている人は多いと思う。見なくなって久しいけれど、未だTV局が潰れたとは聞かないから、多数派の支持があるのだ。

  面倒くさいから、“報道は死んだ、あんなモノ相手にするのはアホだけだ”とそっぽ向いて日々を生きるのは、いいトシしてみっともない。ま、常に考えているわけではありませんが、「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」などナチに関する映画、「スノーデン 日本への警告」「すべての政府はうそをつく」と連続すると素材は揃う。信頼できるニュースがないんだから、これらを用いて足場を組み立てる。

 どーせダメさ、ではなく素朴な疑問の具として、距離を置いて昨今報道されてる事とリンクさせる。本音を言えば、今の日本のニュースは“金もなく、年取ってる”だけなんだけど、その末期的症状を隠蔽するため、バラまかれている情報はいちいち癇に障る。ま、そのありさまを非難するため、観賞したドキュメンタリー、読んだ本を使っても意味がない。

 「スノーデン 日本への警告」で、政府のアナウンスをただ流しているのは速記者の仕事で、ジャーナリストのソレではないとあった。「すべての政府はうそをつく」で見え透いた嘘をつくのは政府で、そのミエミエの嘘を調査報道は見抜いて、人々に知らせてくれる。また一般紙がダメかどうかは意見が分かれるでしょう、「スポットライト 世紀のスクープ」には裏を取って、事実に基づくため奮闘する記者たちが描かれている。

 紛争地域の取材は命がけと「おやすみなさいを言いたくて」は描き、「アメリカン・レポーター」が参考になるのは、もはやアフガニスタンの事とて世間様は忘れちゃってる。ではスノーデン氏の暴露は2013年で、もう手遅れ・・・と思うのは早計で、“間に合った”と捉えることにしている。権力者のやり過ぎを知る機会を得たわけだし、薄々感じていたことの動かぬ証拠なんだから。

 全く関係ないですけれど、時代の変化は急速です。昨今痛感しましたが、タブレットと思って買ったのはノートPCにもなるけど、ROMドライブがなくて、SDカードを記憶メディアとして使っている。3年前だったら\100,000くらいする代物が\20,000。メモを書いていると瞬く間にGoogleドライブに保存されていて、もはやそこに驚きなんてない。

 いつの間にか「この世界の片隅に」も配信で観賞可能、パッケージリリースの告知は未だだ。“いずれ配信が主流になる”ことは20年前から知っておりましたが(このサイトを始める動機)、変化はそれだけではない。でも時間が掛かるからといって、調査報道は無視できない。朗報はWIREDの記事“ウィキペディア創設者が立ち上げる「フェイクニュース打倒プロジェクト」の根拠”で、フェイクニュースすらよく分からないですから、助かりそう。
(5/12/2017)







 

↓以下続きます 

←前のページ  次のページ→

top


スノーデン 日本への警告

  読み終わって、正直な感想は“いくらでも金を巻き上げられるのに、なにも覗きまでしなくていいだろう”と“それだけのシステムがあるなら、オレオレ詐欺など一網打尽に出来そうなのに”だ。もちろん若ければ怒りを覚え、政府を蔑み、ますますTV視聴者を睨んだりするかもしれないが、さすがにトシなもので、無益だと分かってきた。じゃあ知らん顔を決め込むかというと、そうも言ってられない。

 テロとの戦い”を売り文句に、合衆国が酷いことを繰り返してきた事実は幾つも映画になっている。直近で「レディ・ソルジャー」があったけど、あの仕打ちを自国民にやりかねない。同盟の日本政府もまたしかりで、証拠を捏造して無実の人を陥れた例は確実に存在する。ただ「沈黙 -サイレンス-」が参考になりますが、外部に本当の驚異があった場合、“止むにやまれぬ行為”として正当化できる。

 本著に記されている通り、部局を存続させる原動力としてテロリストを使って来たのだ。名前が出ちゃったけど、公安外事三課を映画でバラしたのは「THE NEXT GENERATION パトレイバー第5章」だったよね。そういえば「スキャナー・ダークリー」の特典映像も参考になりますが、監視するというのは権力者の性癖なのかも。フィリップ・K・ディックをつけ狙っていたころから時代は変わり、彼らにとって今の脅威は街に出れば一目瞭然。

 人々がTVなんか相手にせず、“それぞれが考え始めている”ように見える。IT機器がそれを可能にしたし、逆手にとって“支配の道具にしよう”という発想が起こってもおかしくない。もはやあまりに整合性を欠く演説、TV洗脳“テロだ!北朝鮮だ!”が通用しなくなって、人々との距離は開いたまま。この時代風潮を放置しておくわけにはいかない、と権力者は保身の塊なんだから疑心暗鬼にもなるか。

 なんで “風呂場で溺れて死ぬ確率の方が高い”ことを知った上で、しつこくテロの危機を吹聴しているのか?庶民はもし税金が上がったとしても、せいぜい液晶画面に文句をたれるくらいだ。内向きに力を行使するのに励み、有効活用はしていない。「21世紀のEVcafe」にバッチリ「大きな犯罪者は狙っていない」と口にされていたし(幸せなインターネットの時代は終わった)、紛れもない事実でしょう。

 「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」のおかげで、“服従の心理”に囚われた人は、たとえ酷い仕打ちであっても、平気でやってしまうことを知った。今の驚異は紛れもなく、“我々が頭上に頂いている人々”で、そのうえで垂れ流される宣伝を気をつけて見極めないといけない。さすがにみなさん分かっているようで、倉庫でけっこうこの本出荷されてんだよな。ホントに勇気をもって教えてくれたエドワード・スノーデン氏に感謝です。
オススメ★★★★☆

参考までに履歴が消せないことは「ダークナイト・ライジング」で描かれていて、「007/スペクター」には闇の組織の手先にされてる先進各国が出てきて、明らかに国際犯罪に手を染めているCIAは「ジェイソン・ボーン」などなど映画は今を知る手掛かり。

 
沈黙 -サイレンス-

top

 

 

inserted by FC2 system