坂本龍一

タイトル

“この人の影響下にいて助かった”

 
 

 

 

 

 

 単純に音楽家という範疇にはおさまらない、私めが多大な影響下に置かれている人。まずYMOがあり、ほとんど何も考えずにFM番組:サウンドストリートを聴くことも習慣の一つだったのが、中学生の頃ですね。当時、千のナイフは分からなかったが、B-2 Unitは凄かった。ヒップホップの祖とされるriot in Lagosよりthe end of europeは大好き。

 以後インダストリアル系と称されるKMFDM、Nine inch nailsへと嗜好はシフトしていったけれど、“坂本の方がスゲェぜ、早かったぜ”とホッとしたものだ。早い段階でヒップホップも消化していて、heart beatのTristeのラップはフランス語だけに新鮮だったなぁ。今となってはEnergy Flowのヒットは理解不能なんだけど、やはりCMに起用されるって大きいのかな。

 映画音楽は当然「戦場のメリークリスマス」からで、「王立宇宙軍 オネアミスの翼」もね、すぐに浮かんで聴こえてきちゃう。もちろん世界的な知名度は「ラストエンペラー」で獲得、以後は“世界の坂本”になるわけだ。「リトル・ブッダ」「シルク」などこの人以前では考えられなかった。だって洋画の音楽を日本人が担当するって、まずなかったんですよ。でもちゃんと日本映画の「一命」もやっていて多岐にわたる活躍。

  音楽は西洋のものを学んでも、心は真っ当な日本人で「LIGHT UP NIPPON 日本を照らした、奇跡の花火」だけでなく、東北のことにコミットしているし、この人経由で日本の原子力政策を知るのは間違っていない。EV.Cafe 超進化論 の影響は絶大で、何度も読んでいる。そのおかげで村上龍氏にも繋がる。scholaで音楽の聴き方も教わったし、影響下にあることは間違いないし、今となってはホントに助かった。
(4/28/2017))

音楽担当

タイトル

王立宇宙軍 オネアミスの翼  ラストエンペラー  リトル・ブッダ  シルク

一命  LIGHT UP NIPPON 日本を照らした、奇跡の花火  アンジュール

レヴェナント:蘇えりし者

監督ページの一覧はコチラ→

top

 この新作は素晴らしい。自然物がたっぷり残っているド田舎ならではの楽しみ方は、外で聴く。カエルの鳴き声とか、川のせせらぎとかの音が田舎には満ちていて、それらと見事に溶け合うのにも感動。非同期というタイトルが信じられない。Bluetoothのヘッドフォンでも文句なしに身体に染み入ってくる。景色を眺めながらボヤーっと聴けるのよ、それがまた心地よい。Amazonのレビューにあったけど、高価な装置ならもっと魅力的かもしれない。

 もし都市部の地下鉄大江戸線内だったら目を閉じて、高層ビルの下だったら見上げて、といった感じに場所は問わないかも。配信で買ったもので、手放せないというか、身に着けているという感覚。部屋で聴く場合あえてマッチする映像をYouTubeで探すより、PCモニター(40インチ)に映っているジャケット写真だけをぼーっと眺めて、ちびちび酒を飲むのも悪くない。

 

 確か「レヴェナント:蘇えりし者」サントラの延長線上に位置する作品だと、YouTubeの番組“徹の部屋”で話していたような。out of noiseも集中するとき重宝したが、コチラも今後のアイテムになりそう。ページを作っていて何かインスピレーションを授かるというか、閃きの源泉というか。さらに人の歌声が恋しくなったら、大貫妙子が参加したUTAUがあるしと、B-2 Unit以来聴いてきて、この人の音楽って広大な海。
オススメ★★★★☆
Amazon.com

 

top

inserted by FC2 system