ピーター・バーグ

タイトル

“まっとうな愛国精神の持ち主で、ひょっとすると宇宙戦艦ヤマトも見ているかも?”

バーニング・オーシャン パトリオット・デイ

 

 

 

 「ハンコック」が面白かったこともあり、以後は“比較的注目”していたといった感じでしょうか。“注目を余儀なくされる”ドゥニ・ヴィルヌーヴほどではない、とは申し訳ないんだけど。監督作の傾向は“愛国精神”が感じられて、「バトルシップ」は典型的で、アフガニスタンの軍事関与(正確には侵略行為)には、「ローン・サバイバー」を描くことで疑問を投げかけていると思う。

 もっとストレートな「大いなる陰謀」「キングダム/見えざる敵」などにも出演して軍隊ものが多いのかな。意外なのが今をときめくライアン・ゴズリング「ラースと、その彼女」の製作総指揮だったり。「甘い毒」の坊や役は今となっては貴重映像ですかな。マーク・ウォールバーグと3作品で仕事をしていて、「バーニング・オーシャン」「パトリオット・デイ」が間髪おかずに公開される。最近珍しい“スターと監督”の取合せは興味深い。

(4/18/2017)

タイトル

パトリオット・デイ  バーニング・オーシャン  ローン・サバイバー        バトルシップ ハンコック

 

監督作

製作、出演など

ラースと、その彼女  大いなる陰謀  キングダム/見えざる敵
コラテラル  コップランド  甘い毒

監督ページの一覧はコチラ→

 

top

inserted by FC2 system