出演作

 

 

 


 

 

 

サイドボックス

ここにテキスト


出し

アンソニー・ホプキンス

 ハイネケン誘拐の代償 ノア/約束の舟 REDリターンズ ヒッチコック    

 

 この人も衰え知らずというか、元気な人で美女との共演記録を乗り換えている。今回はヘレン・ミレンで、世界最速のインディアン」でも×××シーンがありましたけれどさすがです。“秒進分歩”の現代は人々の忘却スピードも矢の如しで、レクター博士を知る若い人も少なくなりつつあるから仕事がやりやすいかも?と思っていた矢先にサスペンスの巨匠になってしまうなんてね。

 

 演技派であることは間違いないし、相変わらず引く手あまたの人です。確か映画はあんまり見ないんだったな(「ウルフマン」のパンフレットにインタビュー載ってます)。レクター博士のイメージもこの人のキャリアの中ではほんの一部だと「逃亡者」とか「チャーリー」を見ると気づかされる。王様役は期待通りだし、シェイクスピアもお手のものだけれど、よく知られている人に変身するのは希で、ヒッチコックに挑戦。モーガン・フリーマンがマンデラ大統領になった時みたいかな?昨今の枠にはまった映画へのメッセージも込めての熱演だったような。
(4/18/2013)

 

 さすがに 「羊たちの沈黙」は10年以上も前の作品になったけれど、彼を起用する場合どうしてもおっかない役を演じてもらえれば安心・・・、ではなくて監督さんも自分の映画に“レクター博士”っぽい彼を出したいのかもしれません。実に分かる気もするけれど、映画好きとしてはコワモテが優しい人に変身するのが楽しみだったり。ま、その手の作品も彼にはあるからいいんだけど、文芸方面ではなくて、ハート・ウォーミングなコメディなんかが見てみたいような。英国出身だからといって大マジで難しい作品ばかりではもったいない。新作の「ザ・ライト エクソシストの真実」は鬼気迫る怪演、力演が発揮された実録エクソシストもので凄かった。
(4/11/2011)

 

 「羊たちの沈黙」でその名をとどろかせてしまったため、イメージが固定。間髪おかずに「ドラキュラ」のヘルシング博士の役がきてしまったり、「レッド・ドラゴン」 に至るまでレクター博士をやる羽目になる気の毒な演技派。実際この人が演じる“マッド・サイエンティスト”にかなう人ってあんまりいません。ところが「ジョー・ブラックをよろしく」の大富豪とか「アトランティスのこころ」の超能力者とか変幻自在。英国出身だけに品のある役に無理がない「日の名残り」。また実在のど根性爺さんに挑んだ「世界最速のインディアン」 なんかイケるんだよなぁ。

(2/14/2007)

 

top

 

出演作

  日の名残り

 

 ジェームズ・アイヴォリーの格調高いイギリス人を描いた名品。アンソニー・ホプキンス扮する厳格な執事は、決してその内面をさらすことなく職務に忠実。こういう役は彼の芝居によって説得力を持ちます。またエマ・トンプソンが彼の“心のひと”として出てくるのもうなずいてしまう。ヒュー・グラントがいつものニヤニヤ顔を一切見せない貴重な1本。
オススメ★★★☆☆

Amazon.com

DMM.com

top

 

  逃亡者

 

 男性からは“いやらしい”、女性からは“セクシー”と称されていたミッキー・ロークの悪逆非道さがキモのハードな犯罪映画。映画通に話す時はハンフリー・ボガードの「必死の逃亡者」のリメイクと言うと、「へぇ、そんなのあったのか」という答えが返ってくる。異常に頭の良い男が弁護士をたらしこんで、まんまと裁判所から逃げおおせてしまう。売りに出されている家に籠城し、そこから鬼気迫る密室劇が繰り広げられる。

 

 公開当時はミッキーしか分からなかったけれど、人質にされた家族の家長がなんとアンソニー・ホプキンス。手下の2人もデヴィッド・モース(「プルーフ・オブ・ライフ」)とイライアス・コティーズ(「モールス」)で、その後も活躍し続ける実力派の若かりし頃に驚かされる。トム・クルーズの元妻ミミ・ロジャースとケリー・リンチだけは覚えていたけど、再見してネチネチとレクター博士がいびられるシーンにお目にかかれるとは。

 

 データ的にはそんな感じなんだけど、見所は「ディアハンター」 の監督マイケル・チミノの余裕。頭の良い犯人を追うのは広域捜査をするFBIで、もちろん切れ者がいる。逃げおおせたと思っていても、警察は甘くなくてキッチリ犯罪の概要は把握しており、いざ乗り込むぞというシーンは「羊たちの沈黙」 、「セブン」 にも繋がる。しかしハッとする自然描写が挿入されるところは、なんと言っても本作が映画であることの証明。デヴィッド・モースが射殺されてしまうシーンに余韻が残るか、余計だと感じるかは人それぞれですけれど、印象的なのです。
オススメ★★★☆☆

Amazon.com

DMM.com

 

ホームページ テンプレート フリー

Design by

inserted by FC2 system