出演作

 

 

 


 

 

 

サイドボックス

ここにテキスト


出し

アンディ・ガルシア

パッセンジャー ゴーストバスターズ  5デイズ     

 

 この人を初めて観たのがなにせ「アンタッチャブル」で、射撃のプロが実に印象的だった。加えてショーン・コネリー、ロバート・デ・ニーロ、ケヴィン・コスナーと共演してなお目立ったことは、ラッキーとしか言いようがない。次いでリドリー・スコット「ブラック・レイン」で高倉健、マイケル・ダグラス、松田優作と共演して、ますます認知度が上がっていった。「ゴッドファーザーpartV」にも大抜擢されたし。また友情にも篤い人だということは「SOUL RED松田優作」に出演していることでも分かるし。ただ“正義の伊達男”というイメージが付いてまわって、コメディも難しかった。しかし「オーシャンズ11」で間抜けなマフィアの親分を演じられたし、「狼たちの報酬」で非情な役を獲得。とうとうグルジア大統領にまでなったけれど(「5デイズ」)、「ジェニファー8(エイト)」「インターナル・アフェア 背徳の囁き」のこの人が好きだし、女性には断然「男が女を愛する時」がオススメ。
(7/13/2012)

 

top

 

出演作

  ダークウォーター 奪われた水の真実

 

 外れないレンタル屋ストレートの指標として、フォレスト・ウィテカーアンディ・ガルシア両名は、頼りになる役者さんかも。現在(9/12/2013)我が国では首相の原子力発電所をめぐる発言が“論争の的”のようですが、本作で描かれていることは間接的に参考になるかもしれません。水資源の民営化が何を引き起こすかはドキュメンタリーでも007でも描かれて、最近では「ザ・ウォーター・ウォー」があった。タイトルを付けるのが難しくて、ダークウォーターは申し分のない邦題なんだけど、検索してヒットするのが、同名タイトルのホラーだったりするのが残念。もっともレンタル屋で目に飛び込んでくるのはこのタイトルだし、オッサンだけに「おっアンディ・ガルシアもフォレスト・ウィッテカーも出てるじゃん、イケそうじゃん」となりフタを開けてみれば大当たりだった。

 

 実際にエクアドルでこの種の事件が発生したかは確認のしようもありませんが、ノーム・チョムスキー先生が唱えている“合衆国による中南米へのテロ行為”は表沙汰にはならない。そう言えば「セレステ∞ジェシー」を観た時もギニアの人たちが桜木町で訴えていたけれど、報道されたのかな?ここにはもの凄く分かりやすい多国籍企業の営為(いずれ空気にまで手を出すんじゃ?)と、関係する人物が描かれている。でも今までとは違った味つけで、“そんなの見慣れているよ”という人にもアピールする。実は大企業の営為(人によっては悪業)に対抗する人々が、揃いも揃ってグレー・ゾーンの人々。エクアドルで発生した事件は、大企業の開発が元になった疫病を、隠蔽するための虐殺行為。で、大企業クリアベック社創業者の娘が目の前で抗議自殺され、事態の深刻さを思い知らされる。そして元CIAに“事実を知る人物”フランシスコの救出を依頼。依頼された元CIA=ジャックはなんとラジオのDJをしていて、夜中に人々に本当のことを訴えている。

 

 冒頭からジャックがリスナーと話しているのは21世紀の実態。“世間は真実など求めない”、“ウケるのはゴシップだ”、“報道は娯楽に堕した”などなど。救出依頼されたフランシスコも清廉潔白な人物ではない。最初は抗議運動だったのがエコ・テロリスト(知らない言葉でした)となり投獄された経験を持つ。で、このスネに傷もつ人々の造形に、年齢を重ねた出演者の実力が合致する。ジャック役のアンディは大統領も演じたし、悪役もやったし、エクアドルを熟知している元スパイに無理がない。「アルゴ」ベン・アフレックと見比べてみてはいかがでしょう。既にDJを演じたから、フォレスト・ウィテカーは活動家。「毛沢東は間違っていて、ガンジーが正しいのだ」なんてセリフに説得力がある。2人とも以前は“いいやつ”が似合いましたが、年輪が重なって“ひとくせ”加わりました。カナダの映画だけにデボラ・カーラ・アンガー(「クラッシュ」は遠い昔だなぁ)も気合が入っている。でも最もご注目はスナイパーを演じるケヴィン・デュランドで、「リアル・スティール」の間抜け具合とは真逆、ぜひご覧になってご確認を。
オススメ★★★★☆

Amazon.com

DMM.com

top

 

  ジェニファー8

 

 どことなく「ツインピークス」を思わせるサイコ・サスペンス。L.Aから来た“変わり者”の刑事が猟奇殺人に挑む設定のあたりなんかは特に。この時期確実にセクシーだったアンディ・ガルシアはピッタリ。科学捜査が進化しつつある様子も伺えます。この作品で盲目の女性をユマ・サーマンは自然に演じていて、サスペンスの雰囲気を盛り上げている。自然風景と美男美女はこの手の作品にはなくてはならない。そして監督のブルース・ロビンソンなんと「アデルの恋の物語」に出演していた色男。ジョン・マルコヴィッチまで出ていたんだからけっこう豪華キャスト、未公開とはもったいない。
オススメ★★★★☆

Amazon.com

DMM.com

 

ホームページ テンプレート フリー

Design by

inserted by FC2 system