タイトル
50音順 俳優監督
映画館と私 テーマ リリーススケジュール

ここにテキスト

 

    機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)

ある意味、反復・補完の物語にして文句なし。
販促も少し見直して、公開戦略は吉と出ている。
「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」
大人への怒りを封じることなどない
若者に希望を抱かせるガンダム健在。

     機動戦士ガンダムNT(ナラティブ) 

関連テーマ  劇場版アニメーション  既に手の届かないアニメ  シリーズ

 時に西暦2014年、「機動戦士ガンダムUC episode7 虹の彼方に」観賞後“これがガンダムの見納めなんだなぁ”と本気で思っていて、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」はスルーしたのに、けっきょく劇場まで足を運んだのは福井晴敏のせい。昨年から「宇宙戦艦ヤマト2202」を見ていて、コメンタリーを聞いて面白い人物だと思ったからかもしれないし、ガンダムに関しても精通しているのは間違いなさそう(キャスト被ってるんだよね)。

                              

 それにしても3本連続してTOHOシネマズ海老名に参りましたが、映画の日だし、公開初日だしで21:35開始の劇場は満杯。かつて中学生で卒業していなければならなかったアニメーションは51歳の私を含めて、そろそろ爺さんも楽しむ時代になってきた模様。つらつら思い返してみると、「シドニアの騎士 第九惑星戦役 THX上映会」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」「君の名は。」など劇場は違えど海老名だった。

 脚本担当の福井晴敏を信用できるのは、ガンダムの核(中心にあるもの)を分かっている人だということ。国産の「シン・ゴジラ」はもとより、アメリカ産の「GODZILLA/ゴジラ 」とてよく出来ていたのに、なぜアニメ版(12は観たけどね)がダメだったのか?“怪獣ゴジラとは核爆弾、原子力発電を象徴する”という切実な主題が、完全に欠けていたからに他ならない。単なる怪獣映画だったら、別なモンスターを想像すればよいだけ。

                                   

 で、ガンダムの核とは“戦争の陰惨さと犠牲になる子供たち”で、第一弾から一貫していて、今回もそう。いきなり“コロニー落とし”から始まるけど、世界で唯一の被爆国である日本が、繰り返し描いていくべきシーン。“人類は自らの行為に恐怖した”というナレーションはいつまで経っても忘れないし、第二次世界大戦を示している。また、爆心地の風景は「009:RE:CYBORG」「北斗の拳」とよく似ている。

   事前に察知した3人のおかげで逃げ延びた人がいるとは、「君の名は。」そのものですが、タイムトラベルを使ったのではなく、ニュータイプ能力が発動したから。まさにガンダムが追求してきたテーマで、観客はグイグイと作品世界に入っていく。もっとも世相を反映して悲しくなってしまうんですけれど、ヨナ、ミシェル、リタの取り合わせは「ハーモニー」を思い出させる。
 他の作品を想起させる部分だけでなく、自前の部分も掘り下げている。この反復は修正ではなく補完、あるいは21世紀に笑われないために必要。今回注目だったのは「機動戦士Zガンダム」で登場してきた強化人間。ララア・スン、フォウ・ムラサメ、マリーダ・クルスなど、改造する研究所が出てくることはなかった。ガンダム・ワールドの中で、主人公と相対する悲しい彼らの出自は肝心だし、なかなか抜け目がない。  
   もちろん並行してヤマトもやっている福井だけに、永遠の命に憑りつかれた人々も描かれる。長らくアニメを見てきて、つくづく感慨に耽ってしまいます。ヤマトもガンダムも「銀河鉄道999」も発生したのは1970年代の末で、当時の日本人は若く、精いっぱい生きればそれで十分だった。ところが科学技術の発達が寿命を延ばし、先へ先へと急がせる資本主義にドライブされてついに・・・。
 本作は戦争で犠牲にされるのではなく、性急な大人たちの無責任さに圧殺される子供たちを描き、大人に対する怒りと警戒を示したかったのかもしれない。今読んでいる「the four GAFA 四騎士が創り変えた世界」にも“本能は介添え人で、環境変化に適応するまで何千年とまでは言わないまでも、何百年もかかる”と記されている。得になるから、楽になるからと言って、強引に科学の力でねじ伏せるなど馬鹿げたことなのだ。  

 これは深読みに過ぎませんが、大人が分かった気になれるのも、ガンダムが長らく好かれてきた要素。メカ戦もプラモデル販促には役立つでしょう、ディジェが出てきたり、ユニコーンのカラーは白、黒、金色とはニヤリとしてしまう。ただし、「機動戦士ガンダム 0083」からだと思うけど、ガンダムが着込むデンドロビウムかな?何かの役に立つんですかねぇ、図体デカいからむしろ的になると思うけどいかがなものか。

 
   「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」も見ていてつくづく、旧作活性化のためのリードタイトルに見えてきてしまう。これはこのサイトを続けてきた副作用に過ぎませんが、映画はまさに資本主義そのものだから、その業からは逃れられないのかもしれない。特に大作はガチガチな環境下で作らなければならないしね。だったら「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」みたいな方面もアリなんじゃない?とは遅すぎるかな?
  コンパクトにまとまっている点で「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」が近いんだけど、もう30年も前。劇場でパッケージソフトを即売したのが2012年くらいで、現在ヤマトなどは配信が同日。このまま進むと、劇場の入りが減少どころか消滅しかねない。よって、まず映画館を優先するという選択は、存続のために正解。「souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~」を観に行った時、チラシもなくなっていたし、前売り券はほとんど完売だった。

現在(12/1/2018)公開中
オススメ★★★★☆

  




 
  

その他の関連作

ローレライ  SHORT PEACE  地球へ  虐殺器官  BLAME!

屍者の帝国  攻殻機動隊  地獄の黙示録  マクロス・プラス

AKIRA  雲の向こう 約束の場所  ブラジルから来た少年

ヤギと男と男と壁と  わたしは生きていける  みえない雲  シルクウッド

ファイヤーフォックス  わたしを離さないで  トゥモロー・ワールド

鉄腕バーディー  ゲット・アウト

 

前のページ        次のページ

top

関連作

           機動戦士ガンダム THE ORIGIN                  


 
 
 
 
  
    
 
 まさか、またガンダムを見ることになるとは思わなかったけど、たまたま時間があって、チラッと見た途端にハマり込んだ。悪役誕生秘話だけに「スターウォーズ」Ⅰ、をまんま踏襲なんだけど、オッサン向けです。出てくるのはシャアと鬼畜一家=ザビ家だもんね。第一弾の神格化を吹き飛ばすかのように、ジオン・ズム・ダイクンなんてあっさり退場。シャアが最初に乗り込むモビルスーツがなんとガンタンクなどなど、シリアスなお話なのに笑える。

 キシリアがシャアに手錠をかけてのしかかるシーンは爆笑、後にバズーカで頭吹っ飛ばされるんだからね。善の部分なんて微塵もない一家はいずれ、父デギンを長男ギレンが謀殺、その兄を妹が射殺、末っ子なんてそうそうにハメられるし。ま、娘が後に「機動戦士ガンダムUC」で主役になるだけに、ドズルはコミカルな味つけがある。もっとも遂行する作戦はコロニー落としで、そのシーンは陰惨な戦争そのもの。

 ミノフスキー粒子の博士、アムロの父も登場するし、ガンキャノンはザクに太刀打ちできないし、黒い三連星も登場で旧ファンなら喜びそうな仕掛け満載。シャアとララァの出会いもなかなかだ。もっともホントに赤い彗星はワルそのもので、「クラッシャージョウ」の監督もやります。第一弾が曲がりなりにも少年アムロの成長物語として陽なのに、コチラは完全に陰。古き良きアニメの動きをしていても。
オススメ★★★★☆
Amazon.com
DMM.com 

top

 

           クロスアンジュ 天使と竜の輪舞                  

 
 
  
 
 
 
  
    
 
 アニメ製作会社サンライズはガンダムを笑う「ケロロ軍曹」も作るけど、いち早く美少女ロボットアニメもやってしまっているわけだ。と感心するのももう遅い、TVで放映されていたのは2015年。いやはやオッサン驚きますよ、魔法もドラゴンもロボットも突っ込んで、次元の壁も飛び越えて、有名声優を取りそろえ、エロシーン満載。20年前だったら確実に大騒ぎになっていそうだけど、AVが溢れているご時世じゃフツーのことなのか。

 あくまでも推測ですけれど、主人公のアンジュ役が水樹奈々で、「RIDEBACK ライドバック」より格段に注目されて、視聴者の少年たちは予告も含めて楽しんでいたのでは?竹内まりや大好きのオッサンからすると、彼女の歌はユーロビート演歌にしか聴こえないけど、ヒットしそう。他に声優陣で判別できるのはアチラのコメンタリーにも登場する桑島法子で、まさか子供の声になるとは驚き。

 ハッキリ言って舞台となるミスルギ皇国は日本を表している。これは「精霊の守り人」の新ヨゴ皇国にも通じる使い方なんだけど、アンジュちゃんが「この国の人間はブタよ」とは激しい。妹が車いすという設定は「コードギアス 反逆のルルーシュ」みたいだし、もうアニメの世界では小うるさく突かれるの嫌だから、日本を描く場合、別次元とか、未来とか、過去とかにスライドさせてる。もっとも若い人たちにはミエミエなんだろうね。

 エンブリヲ君役の関俊彦は「とある魔術の禁書目録」とも被るけど、あの狡猾さはシャアを想起させる。「下の毛も金髪なんだね」は名ゼリフの宮野真守も島村ジョーになったり、ラインハルトになったりと大活躍。挙げればきりがないくらいアニメは増殖しておりますな。「サラマンデンデン」、「ダイコン騎士団」などは水樹奈々のアドリブか?と思わせるくらい彼女もスター。今、中学生だったら家から出ないな。
オススメ★★★★☆
 Amazon.com
DMM.com 

top


         アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー                  


 
 
 
 
 
 
  
    
 
 アベンジャーズ御一行様の活躍は「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」でついていく体力の限界を感じ、観賞がストップしている。よって「スパイダーマン:ホームカミング」も「ブラックパンサー」も「マイティ・ソー バトルロイヤル」もパスした。 ところが本作冒頭はトンカチの神様の活躍観てなきゃダメじゃん、といったスタート。つまり、いきなりこれを劇場で観た場合、旧作を見る必要が生じる。

 「売り手の勝手な都合を押し付けるな」という人はファンの中にはいないし、ヒットしているから文句なんてかき消される。真知子ちゃんのような信者は着実に増えているんでしょう。昨今「フラッシュ・ゴードン」を見たから余計に、時代のスピードが上がっている気がします。もっとも家に帰って旧作見てくれるなら、リードタイトルとしての役目をキッチリ果たしていることになる。

 怠慢な観客としましては、2時間30分もある大作を家で3日に分けて読了ならぬ観了。配信が主流になりつつある今日この頃ならではの現象ですな。悪いけど物語を追うより、近いネタ探しを楽しみました。「バーフバリ 王の凱旋 完全版」「ラストサムライ」「ウォークラフト」「グリーン・ランタン」の合体技なのでは?また、劇中スパイダーマンことピーター・パーカー君が「エイリアン2」の小ネタをご披露してくれたりして。

 宇宙の支配を目論むサノスですけれど、石集めはそのまま「ロード・オブ・ザ・リング」にも通じますし、ヤマトも似たようなことやってるしで物語はガチガチ。駒が揃いすぎると各々の見せ場も狭くなる。退屈はしないけど、観賞後はクタクタ、己の老化を実感。ラストなんか「ブレイド2」みたいで呆気に取られてしまった。とは言っても旧作を摘まんでみる気になったし、アメコミ映画がかつての紙の漫画に近づいたんじゃない?
オススメ★★★★☆  
Amazon.com
DMM.com

top

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system