関連テーマ 

 

 

 


サイドボックス

ここにテキスト


出し

パッセンジャー

  パッセンジャー

 

 運の悪いことに2打席連続の三振を食らってしまった。“つまんなかったら黙殺”がこのサイトのポリシーですので、タイトル名は伏せますが、1本は寝ちゃって、1本は途中で出てくる代物だった。昨今リリースされた「シン・ゴジラ」によって、その映画不信を払拭しつつあるここ数日。未だ公開されている「君の名は。」で勢いをつけてからの3本立てといきたい。

 

君の名は 

 

 さすがです、1日に1回の上映だからか、日曜日だからか6割入っている。そしてもう3回目なんだけど、退屈するどころか素晴らしい。時代に合わせて記憶が遠ざかる速度まで増している昨今、“自然とは恐ろしいものだ”を忘れちゃダメと描く作品として傑作です。やはり2016年の日本映画は「君の名は。」「シン・ゴジラ」の年として覚えておかなければ。

 

 で、SONYが作っているコチラはというと、アメリカ映画の旬な2人主演による当たって当然の図式的な1本。主演はジェニファー・ローレンスとクリス・プラットだから、“あの「ハンガーゲーム」のジェニファーと、「マグニフィセント・セブン」も素晴らしかったクリスの豪華共演”として宣伝は楽勝なハズ。でも監督の名前はぜーんぜん触れられていないんだよな。

 

 

 

 映画好きとして気になるのは「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」を手がけているモルテン・ティルドゥムの手腕で、撮影監督も見逃せない。直近で「沈黙 -サイレンス-」があったロドリゴ・プエトロは、アレハンドロ・G・イニャリトゥと3作品(「アモーレス・ペロス」「21g」「BIUTIFULビューティフル」)で仕事をしていて、「アルゴ」もやっているんだけど・・・。

 

 沈黙 -サイレンス-  

 

 SF初挑戦の面々が挑んだ結果は果たしてどうなったかというと、スマッシュ・ヒットを飛ばすことに成功していると思う。今年大ホームランに化けそうなのはドゥニ・ヴィルヌーヴ「メッセージ」で、リドリー・スコット「エイリアン:コヴェナント」は大ファールになる可能性も秘めている戦々恐々の1本。「ゴースト・イン・ザ・シェル」、「ブレードランナー2049」なども今後は控えている。

 

 たびたび「オデッセイ」を見ていますけど、本作の路線は“宇宙一人ぼっち”ネタで「サイレント・ランニング」とか「月に囚われた男」がパッと思い出される。孤独な宇宙サバイバルの場合、“線の細い人”が主人公になった方が効果ありで、“頼りなさそうな人”のとる行動は観客を飽きさせない。ところが本作は“線の太い”2人ジェニファーとクリスが主演。ここがお楽しみの要素。

 

  

 

 ジェニファーは革命の女戦士やったし、クリスは恐竜と戦ったり、悪党を木っ端微塵にしてきたふてぶてしい男。“壁の外は空気のない宇宙空間”にハラハラすることなく、“寂しくてついやっちゃった”けど、“丸く収まるのは既定路線”のアメリカ映画らしさを体現。よってオッサンは“設定なんか穴だらけ”と言われようが「ザ・コア」を思い出してニヤニヤしちゃった。

 

  

 

 ワームホールを経由して次元の彼方に行っちゃう「インターステラー」とは違って、遠くまで行くには冷凍睡眠しかない本作の世界。「アバター」が未だ色あせませんが、3Dにもすることだし、ヴィジュアルは挑戦しがいがあったでしょう。けっこう迫力出してたんだよね。それとちっちゃいロボが掃除したり、至れり尽せりの宇宙船サービスは「ウォーリー」っぽい。

 

  

 

 よって主演2人がタフだし、観ていて絶望より、90年あの中で暮らしてもいいんじゃ?などとも思えるんだよね。この辺のスキというか、想像の余地を残して気楽に観られるSFがあっても良い。息苦しいんのだったら「ゼロ・グラビティ」だってあるし。ですからエンディングは“彼らの子孫がいっぱいいる”という予想だったんだけど、さすがにソレはなかった。ただぜひご覧になって、妄想を広げてみてはいかがでしょう。

 

 

 間がもたないのでマイケル・シーン、ローレンス・フィシュバーン、アンディ・ガルシアといった豪華な面々が出てくるけど、無駄使いっぷりがすごい。英国首相テロリストも演じますが、マイケルなんて上半身のみのバーテンダー・ロボ。地味に「君が生きた証」も素晴らしかったローレンスは何のために出てきた?だし、アンディに至っては・・・。

 

 

 

 TOHOシネマズでは延々宣伝していたし、“生き残るため2人の運命やいかに!”って気合が入った状態で観賞すると物足りないかもしれない。でも、「アバター」の宇宙船と見比べたくなったし、磁石でブーツがくっつくシーンを「スター・トレック・ファーストコンタクト」と見比べたかったしで、SF映画に詳しい人の美味しい酒のツマミとしてよくできていると思う。この2人と「ターザン:REBORN」の2人を交換ってのはダメ?

 

現在(3/26/2017)公開中
オススメ★★★★☆

Amazon.com

DMM.com

 

前のページ       次のページ

 

top

 

関連作


ホームページ テンプレート フリー

Design by

inserted by FC2 system