タイトル

わたしは、ダニエル・ブレイク


わたしは、ダニエル・ブレイク

関連テーマ  アミューあつぎ映画.comシネマ

 “確かに悲劇だが、今後はいつ誰の身に起こっても不思議じゃない
日常になる可能性がある。 ケン・ローチの投げかけた問いを、
我々は考える時間を作らなければならない。”

 ららぽーと横浜を後にして、しばらくすると来館頻度が増しそうなアミューあつぎ映画.comシネマに移動して本作を拝む。老化する現実の心構えにと思った「海辺のリア」だったが、なんとシェイクスピア劇で驚かされる。しかしコチラはケン・ローチ作、甘くはないだろう。“オッサン必見の2本立て”とはオレもトシ食ったけど、ショッピングモールに居場所はないし、宣伝で成り立っている超大作は退屈なものが多い。

 劇場の前説で“監督は実際のエピソードで脚本を組み立てた”と教えてもらって、冒頭に納得してしまう。役所の面接らしく、意味もない質問が延々と続く。心臓発作で倒れたダニエル・ブレイクが「ふざけるな」と返すのはごく自然。つくづくアドルフ・アイヒマンは至る所にいて、どんどん世界を世知辛くしている。また彼らを悪と断ずるのではなく、単純に“服従の心理”に忠実、とコチラも姿勢を変えなければならないのだろう。

 ダニエルのしてきた仕事は大工で、マメに作っている品はなかなかの出来栄え。でも仕事は止められているし、収入はないから援助の手続きをしなきゃならない。その過程はホントに消耗させられるもので、“業務を民間に外部委託すると、こうなります”の典型。お役所仕事を通り越して、“支払わないよう仕向ける”マニュアルに則っている。追い詰められる男は英国だけでなく、スペインもご同様で「マジカル・ガール」が描いた。日本だと携帯電話の料金変更がこれに近い。

 手続きする役所でシングルマザーのケイティ一家と出会うけど、彼女も排除される一人。ホームレスの施設に入れられたら子供だっておかしくなってしまう。「聖者の眠る街」なんか酷かったもんね。でも過度に悲劇性を助長するのではなく、淡々と描くのでもなく、冷静に観客が観ていられるんだからケン・ローチの手腕はさすがだと思う。コメディ「エリックを探して」も撮れるけど、お客さんに現実を知って欲しいからなのだ。

 マリオン・コティヤール「サンドラの週末」「君と歩く世界」にも我々の隣人は描かれている。それらの作品を観ると、無力感に支配されて思考停止に陥ってしまう。この辺を監督は考慮した上で、本作に可能な限り娯楽性(悲劇であっても)を排し、観客に問いを投げかけていると思う。本作に比べると「サンバ」は極上のラブストーリーでしょう。ただケイティが配給所で、つい缶詰開けちゃうところは切なくて、今後も忘れられない。

 ダニエルは最期まで政府が進める人口調節に負けることなく、諦めずに尊厳を守った。ケイティ一家と出会えたことも大きかったと思う。じゃあ我々を救うどころか、監視している政府を憎んでどうにかなるか?昨今リリースされた「シークレット・オブ・モンスター」「ザ・コンサルタント」を繰り返し見ているからか、ヒントはありそう。リーダーなんて誰がなっても良いし、下手をすると癇癪持ち。でもヒーローは意外に会計士だったりする。

シークレット・オブ・モンスター

 監督の問いかけを自分なりに考えてみると、身体は資本で、ハナっから役所を毛嫌いしないことではなかろうか。確かに奥さんの介護で時間に余裕がないのは分かる。でもほんのチョッとでいいから、ダニエルが運動を心がけていたら心臓発作はなかったかもしれない。また役所の人も全員が服従者ではないから、中には親切に方法を教えてくれる人だっているかもしれない。これは賭けかもしれないけれど、隣人を信じないことには。若い人だって親切な人はいる(「幸せの教室」)。

 よって本作観賞後にはさっさと帰って、町役場の健康福祉会館にあるリラクゼーションルームにあるマシンを使って走る。利用料金は\200で、公的施設を使い慣れるようにしている。そしてダニエルを排除するのに使ったPCに、なんとか慣れるために、こうしてせっせとページを作っている次第。もちろんそれとて徒労に終わるかもしれないけど、惜しむ労ではない。

 国のために戦った兵士でも切り捨てる。乗員全員を救った機長も査問にかける。嫌というほど映画は描いてきた。略奪者に対しては、泣けなしの財を投じてヒーローを雇うしかない。いなかったら自分で何とかする方法も21世紀には微かだがある。となりの若造が独自にやってるけど、スニーカーに値打ちがあるうちは有効かも。

現在(6/4/2017)公開中ですけれど、6/16までです  オススメ★★★★☆
Amazon.com


 

その他の関連作

 ブルー・カラー/怒りのはみだし労働者ども  ファーナス/訣別の朝
 ルート・アイリッシュ キンキー・ブーツ フル・モンティ ポーラX 

 once ダブリンの街角で  
 

← 前のページ   次のページ→



       top

 

inserted by FC2 system