関連テーマ 

 

 

 

 

 

 


サイドボックス

ここにテキスト


出し

インターステラー

  インターステラー

 

 上映時間の短い作品を褒めといてなんだけど(「ランナーランナー」)、長くとも見応えある作品なら別に文句はないです、「イコライザー」とか「アデル、ブルーは熱い色」とか。でも初期の頃からやっていた元レンタル屋だけに、もし今の商品がVHSでズラッと店に並んだらと思うとチョッと・・・。だってさ、アメコミ映画のコーナーが揃って2本組だらけになっちゃうよ。

 

 で、新生バットマンをみんなして真似した結果そうなったんだけど、本家はさっさと足を洗って新しい段階に進んだ。今回のクリストファー・ノーランSF映画のエポックを撮りたかったんでしょう。でも既に「2001年宇宙の旅」があるから、それ以後の作品へのオマージュをふんだんに盛り込んだ凝縮の1本と言えるかも。勝手に盛り上がったけど、挙げればきりがないくらいですネタ元。

 

 地球滅亡は幾度となく描かれたけど(パニック)、終末へ至る過渡期の状況はあまりない。「マッドマックス2」とか「ザ・ロード」とか、“もうなっちゃってる状態”を観客は見てきたけど、“今まさになりつつある”のは警鐘を促す作より効果がある。今年は畑で育てている白菜がダメになりましたが、隣家は豊作なので一安心は我が家の話。でも全世界に波及するとなると切実で、空から砂が降って来る近未来。

 

 宇宙関係のエンジニアもその技術を、畑仕事に使わないと生きていけない。ところが“お告げ”とも言える現象が起こって、宇宙の彼方に行くハメになるのが、マシュー・マコノヒー演じる主人公のクーパー。この部分で関連付けるとなると、SF映画の金字塔(「2001年宇宙の旅」)か「未知との遭遇」。お告げに導かれて行った先では、秘密基地でせっせと開発が進んでいたり。

 

 確かに背に腹は代えられない状況になると、NASAは忘れられちゃうのは仕方ないけど、学校で“月に行ってない”と教えているには唖然。従軍慰安婦をなかったことにする日本じゃあるまいし、経済を優先すると恥も外聞もなくなりますな。「ザ・ムーン」に出演の宇宙飛行士たちが見たら、さぞや嘆かれるでしょう、大ボラの「カプリコン・1」にしちゃうとは・・・。

 

 正確な年代を記していないのがさすがで、類推するにじいさんのジョン・リスゴー(この人も「2010年」をぜひ)が現在の世代なのかも。ただし主人公は人類のために賭けに出る。時空を超える旅なのは分かっているから、娘と永久の別れをしなくてはならない。この娘のマーフがまた賢そうで、クーパーが辛くなるのも納得。演じるマッケンジー・フォイはエル・ファニングみたいになってくでしょう。

 

 宇宙船発進のシーンはできるだけ「アポロ13」に似ていないアングルを採用、その先には重力発生のためクルクル回る母船が待っている。ドッキングして土星にポッカリ空いた穴=ワームホールまでたどり着くのに時差が生じ始める。この辺の設定は日本アニメーションが先駆者で、「宇宙戦艦ヤマト2199 望郷の銀河間空間」とか「カウボーイビバップ」をご参考までに。

 

 で、穴を通り抜けると、気の遠くなる空間に到達。もう地球の時間も常識も通用しない。降り立った惑星でモタモタしていると、待っていた母船との時間差が23年経ってたり、母なる地球とはもっとズレていってしまう。「トップをねらえ!」「ほしのこえ」で描かれたことがSF超大作の体裁で蘇る。時差を表すため、ジェシカ・チャスティンもキー・パーソン。

 

 てっきり亡くなったクーパーの妻役かと思ったら、成長したマーフ。未来のお話ですから、女性が逞しくなっているのは当然で、アン・ハサウェイもヒロインであり、冷静な科学者にして宇宙飛行士がハマっている。で、予告編でもホームページでもクレジットされていない×××・××××が、やったことのない悪役で登場。ダチのベン・アフレック「ランナーランナー」でワルのボスだけど、念願かなったのかな?

 

 ×××「エリジウム」でも鮮やかなスペースコロニーが素晴らしかったけど、本作にもあっと驚く映像で未来の棲家が出てくる。そこに至る過程は後半のクライマックスで、クーパーが時空を超えて太陽系に・・・、ぜひご覧になってご確認を。失敗作スレスレの「プロメテウス」より未知の惑星の描写が印象的なのは、フィルムによる効果でしょう。陰影に富んだ画面は脳裏に焼き付く。

 

 「2001年宇宙の旅」への挑戦は成功か?失敗か?は多くの人が語りそう。ただし、私めにとっては観てきたSF映画の要素をクリストファー・ノーランがタップリ込めてくれたことに感謝です。宇宙服が汚れているのは「シドニアの騎士」も思い出させてくれるし、たどり着いた惑星で独りになるのは「ミッション・トゥ・マーズ」。宇宙の知性という点で「コンタクト」が最も並行観賞に適していると思います。

 

 ツッコミどころは「ゼロ・グラビティ」とかですかねぇ、バラバラになった宇宙船とそう簡単にドッキングなんて出来んだろう・・・。でもさ、そこんトコロは娯楽の王道ってことでスルーできる。つい最近驚かされた「エクソシスト」のエレン・バーステンまで出してきて、映画青年らしさも垣間見せるクリストファー・ノーラン。退屈なんて一瞬もしない169分、いつかは母国で小品を撮ってもらいたい、「メメント」に原点回帰したようなヤツを。

 

現在(11/23/2014)公開中
オススメ★★★★☆

Amazon.com

DMM.com

 

前のページ    次のページ

 

top

 

関連作

  コンタクト

 

 ジョディ・フォスターの代表作です、レンタル屋の棚で埃かぶっているのは実にもったいないハードSF。自らの無知ぶりを披瀝しますが、17年前に観た時は“大したことはない”などと思い込んでいたのだ。それにはワケがあって、観賞前にカール・セーガン博士の原作を読んでいて“映画は小説に及びっこない”というバイアスがかかった状態にあったからだ。20代ってホントに視野が狭くて不遜。

 

 “「フォレストガンプ」を撮るほどのロバート・ゼメキスがこの程度のSFかよ”なんて忘れたい態度。「フィラデルフィア」もそうでしたけれど、世間一般の評価と自分は違うんだから・・・。「ニンフォマニアック Vol.1」が蒙を啓いてくれたとは大げさなんだけど、映画を見るって幾つか経験を経た上で、先入観とかいろんなものをうっちゃってからでないと損するかもね。

 

 で、もう冒頭にデヴィッド・モース(「ワールド・ウォー Z」)が出てきたと思ったら、ウィリアム・フィクトナーが盲目の科学者として登場。彼とジョディ「エリジウム」の悪役コンビですからね、発見したつもりになってグイグイと入ってしまう。他にも後に影響を与えたと見当がつく作品は「アイアンスカイ」アレでも触れられていたけど、ナチは核開発あきらめて宇宙に目を向けてたもんね。

 

 それにしてもTVを最初にプロパガンダとして利用していたのがヒトラーで、宇宙人からそれを教わるというのは笑えます。高度な文明から乗り物の設計図が送られてくるのはもちろん「宇宙戦艦ヤマト」なんだけど、現実に起こるとたぶんこうなる。論争も当然巻き起こって、宗教は人類にとって無視できない。ここにマシュー・マコノヒーが重要な役割を果たすんだけど、「アミスタッド」と合わせて初期の代表作ですな。

 

 シャープな「未知との遭遇」でもあるし、そもそも全能の存在に導かれるのは「2001年宇宙の旅」だもんな。「インターステラー」が公開されるし、マシュー・マコノヒーが出てるから関連作になるだろう、ま、ダメ元で見てみるか・・・と思っていたら感動してしまった。“ワームホール”って言葉を知ったのはこの作品からだし、北海道まで出ていたのを忘れてた。

 

 なお、「ハンガーゲーム2」でいけしゃあしゃあと、ジェナ・マローンを発見したかに書いているけど、とっくに拝んでいたわけだ、ぜひご覧になってご確認を。
オススメ★★★★★

Amazon.com

DMM.com

ホームページ テンプレート フリー

Design by

inserted by FC2 system