関連テーマ

サイドボックス

ここにテキスト


出し

アウトレイジ・ビヨンド

  アウトレイジ ビヨンド

 

 続編のアナウンスがあったのは前作が公開されていた2010年で、“ホントかよ”と思ったけれど見事作られて、なんと国内興行成績のナンバー・ワンにまでなってしまった。媒体の露出頻度が高ければやすやすとヒットしてしまうのは知っていたけれど、前々からこの人の映画を観てきた者としては「TVってすごいよなぁ」と感心してしまう。周囲の誰に聞いても「いや、俺はチョットだめ」とか、あからさまに顔をしかめる人もいるし、好きな人は一人しかいなかった。ただ宣伝のおかげで、前作も品薄になるくらい貸し出されているので、店としてはホントにありがたいです。賞も獲得したし、話題にもなった「HANA-BI」をテアトル新宿で観た時は・・・。

 

 より広範囲の人を劇場に向かわせたのは、テレビドラマでも活躍する人たちが多数出演していることによるものでしょう。馴染みの顔が出ていれば見ていて安心。それにしても新規加入の面々は豪華で、前作以上にオール・スター・キャストの北野映画(男優さんだけだけど)。中尾彬は「アキレスと亀」に出ていたけれど、西田敏行を筆頭に名高達郎とか神山繁とか高橋克典とか。「BROTHER」では少ない出番ながら渡哲也が場面をさらいましたけれど、コンビネーションで北野作品を維持。西田敏行を突出させないために塩見三省(「闇の子供たち」)を、名高達郎の濃さを薄めるために光石研(「レンタネコ」)が配されている。「熱海の捜査官」の2人も美味しかった、切れ者監察官が良かった田中哲司と、トボけた署長役の松重豊。でもちゃんと北野映画のカラーになっている。

 

 続投の面々は炸裂で三浦友和は狡猾な会長役に磨きがかかり、“弱い犬ほどよく吠える”そのものの加瀬亮、悪魔の手先としか思えない小日向文世に、前作では椎名桔平が占めていた“カッコ良い”位置に中野英雄。現実にありそうなヤクザの世界を見せつける北野武は公僕にも容赦がない。ヤクザとバッチリ癒着している国土交通省が出てくる、さっさと“取り調べ可視化”しないと、と思わせる自白強要などなど。小日向文世は一身に警察への信頼を雲散霧消させるマル暴刑事。そしてここでもコンビネーションで、まともな刑事役とてし松重豊が配される。彼の一言「一生ヒラでいいです」は名ゼリフで、狂っているとしか思えない21世紀の日本で、正気を保ちたいから肝に銘じました(監督のメッセージかもしれない)。

 

 で、主人公大友は北野映画を背負っていて、彼にだけ物語がある。戦後の闇市を仕切っていた韓国のフィクサーが出てくるところなどがそれで、世間知らずのワシなどは勉強になった。都内の高級住宅地には得体の知れない屋敷はいっぱいあります、国家権力だって手も足も出ない人はいます。大友を本筋としてみると、彼の疲れきった「俺もういいよ」に胸が詰まった。だってさ、ケリをつけるのに第一作 の白竜が出てきて、一緒に止めを刺しちゃうんだから。時系列で観ているだけに、北野武 のヤクザ映画はこれっきりという気がして、帰る道々秋風が身にしみた。でも打ち止め作としてはこれ以上もないほど日本映画のスターも演技派も集めた豪華な1本。

 

 ただ公式サイトを覗くと、気にし過ぎかもしれないと思えてくる。DVDの特典より中身は厚めで詳細に作りこんである。キャストだけではなく、「ライク・サムワン・イン・ラブ」の撮影監督柳島克己を筆頭に、スタッフは引っ張りだこの人ばかりだから、この財産をそう簡単に手放さないはず。というのは願望か、でも実に期待はスカすけれど、満足させてくれる人だから・・・。現時点では期待と不安がない交ぜ。

現在(10/11/2012)公開中 
オススメ★★★☆☆

Amazon.com

DMM.com

前のページ  次のページ

 

top

 

関連作

 BROTHER

 

 北野武色彩二部作(と勝手に呼んでいる)の一作目。「ドールズ」は赤だけれど、本作は黒一色で染められている。追い詰められたヤクザという設定は「ソナチネ」と同じながら、北野武扮する主人公が逃亡するのは合衆国。出ている面々はいい男ばかりだから女性にオススメしたいところだけど、海外向けの日本映画の宿命でやたらと“指詰め”のシーンが挟まれる。大杉漣なんか腸を出す、寺島進は頭を打ち抜くなどなど。派手でショッキングなシーンが続出。「菊次郎の夏」だとその持ち味全開の久石譲ながら、本作ではジャジーで、男の映画が前面に出ている。加藤雅也とか石橋凌が参加で、大物の渡哲也、「あの夏、いちばん静かな海。」以来の真木蔵人まで、ダンディかつハンサムしか出ていないし、スタイリッシュながら男性限定のオススメになってしまいます。
オススメ★★★★☆

Amazon.com

DMM.com

ホームページ テンプレート フリー

Design by

inserted by FC2 system