関連テーマ

 

サイドボックス

ここにテキスト


出し

世界侵略:ロサンゼルス決戦

 世界侵略:ロサンゼルス決戦

 

 エイリアン映画がつるべ打ちの合衆国映画。ミニシアター系B級感動作特S級それぞれいろいろな角度でエイリアンと人類が接近したり、戦ったり、友情を確かめ合ったりしていました。公開の順番は「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」の方が先だった本作、延期は仕方がないけれど、予算にしても今年“3本指に入る”遊園地のアトラクションみたいなロボット超大作の後に観て大丈夫だろうか?とちょっと心配だった。ところがオッサン限定ながら、ぜんぜんOKで熱い1本となっておりました。マイケル・ベイはさぞやこのネタをやりたいだろうと思える熱い友情・ど根性大爆発映画。

 

 ハッキリ言ってエイリアンはダシで、モロに海兵隊映画そのもの。こと戦闘において、もはや地球上で合衆国の軍隊に勝てる国はありませんから、正々堂々と戦って彼らを窮地に陥れるには正体不明の侵略者を持ってくるしかない。「トランスフォーマー」をご覧になれば一目瞭然で、サソリのお化けにブチかますシーンが分かりやすいですけれど、あんなもの人に向かって撃ちまくられたら、たまったもんじゃありません。戦う相手のいなくなった軍隊は堕落します(「戦争のはじめかた」)、よってSF仕立てにしての戦闘を展開、早い話が「インデペンデンス・デイ」と「ブラックホーク・ダウン」の合体技。ソマリアでは戦闘員と非戦闘員の区別がつきませんから、むやみに発砲するわけにもいかず、結果犠牲者を出して撤退するしかなかった。ただ“軍隊もの”が好きなお客さんは「仲間を見捨てないよなぁ」と感心していた。この作品は「ブラックホーク・ダウン」からヴィジュアル面と軍隊の連帯を抽出している。そして物語が拡散してしまった「インデペンデンス・デイ」をTVニュースを効果的に使って、可能なかぎりコンパクトにまとめ舞台をロサンゼルスに限定、この手口は有効。

 

 いちいち侵略者がやって来るところから始めると長くなるので、“コレは海兵隊が主役ですよ”というスタートで見事に省いている。主演のアーロン・エッカートは「ハートブレイクリッジ 勝利の戦場」の時のクリント・イーストウッドみたいに“引き際迫る”古参の軍曹で、もちろん経歴は筋金入り。ただ古参だけに古傷があるわけで、所属する小隊内には彼に“わだかまり”のある兵士もいたりする。それにしても隊員の中にNe−Yoがいるのにはビックリした。顔は凡庸ながら、あの声は忘れられないもんね。後々LL・クール・J(「S.W.A.T」)みたいになっていくのかな?で、ちょいと人物背景を匂わせて、兵士たちはいきなり戦闘の只中に放り込まれる。遠くで何か起こってるなぁという「クローバー・フィールド」の手口は時間と予算短縮に役に立ちます。とはいってもB級の「スカイライン 征服」とはスケールが違って、ヘリやら戦車やらは迫力満点。小隊の任務は時間内に戦闘区域に残された民間人の救出。「エイリアン2」も勇躍して乗り込んでいった宇宙の海兵隊員が、コテンパンにやっつけられちゃいますが、アーロン・エッカート扮するナンツ2等軍曹の部隊も待ち伏せに遭い、正体不明の敵に翻弄される。

 

 隠れていた民間人に扮したのがブリジット・モイナハン(「ロード・オブ・ウォー」)とマイケル・ペーニャ(「大いなる陰謀」)で意外に豪華。彼らのおかげでドラマティックな展開が可能になり、作品に厚みが加えられる。ただ基本路線はあくまでも海兵隊映画なので、ブリジット・モイナハンには美貌を封じてもらって、ミシェル・ロドリゲスに華を持たせている。「マチェーテ」にしても「アバター」にしても強くてカッコいい役多いです彼女。それにしてもまさか「サンキュー・スモーキング」のアーロン・エッカートがマッチョ映画の主演になるなんて。「エリン・ブロコビッチ」でバイク男を演じたけど、中身は優しい男だったし。でも今回は古参の軍曹にして上官から“ジョン・ウェイン”と賞賛される勇気ある男。もっともジョン・ウェインのたとえが通用しないというのはまさに時代記号だった。地球上最強の軍隊は果たして正体不明の敵を相手にどう戦っていくのか?はぜひご覧になってご確認を。

 

 外枠で侵略者ネタながら中身は“仲間意識は家族以上で固い”海兵隊の映画(「英雄の条件」を参考までにどうぞ)。仲間を見捨てない心意気、ど根性で困難に立ち向かっていく、この種のテーマは回りくどくやるより、ストレートにいった方が効果的で、観ていてグッときました。現実に目を向けると、地雷処理(「ハートロッカー」)は地味で恐ろしいし、敵を探し回っている(「グリーン・ゾーン」)様はあまり勇ましくないし、志願する人々の実態(「大いなる陰謀」)は悲壮感さえある。ないに越したことはない軍隊ですから、存亡の危機ですけれど、映画の中でなら存分にやってもらっても大丈夫。それにしても戦闘シーンは派手だったなぁ。

 

現在(9/19/2011)公開中
オススメ★★★★☆ 

 

Amazon.com

DMM.com

 

前のページ   次のページ

 

top

 

関連作

  スターシップ・トゥルーパーズ

 

 モロにB級SFのテイストが目一杯詰まったポール・ヴァーホーヴェンのVFX超大作。「2012」のローランド・エメリッヒにしろ、欧州出身監督のテイストは合衆国の人とはチト違います。冒頭から軍隊勧誘プロパガンダ・ビデオが始まりますが、中身は反戦映画。けっこう人が殺されるシーンがグロで、激しく、痛そうな描写は独特で、「ロボコップ」と同じ。軍隊が宇宙の彼方まで行って戦うのが虫で、サイズがデカイ。すかしっ屁で宇宙戦艦を攻撃してくるのはスケールが大きいだけに笑ってしまいます。またわざわざ鉄砲だけで巨大な虫型エイリアンに立ち向かっていくもんだから、死屍累々の惨憺たる有り様にされたり。どこか生理的に逆撫でするところがあるので、「氷の微笑」も下品とされたかも。中身はB級ながら宇宙戦艦が連なって飛んでいるところは確かに劇場用で、のけぞります。突っ込みどころ満載だから、男連中で集まった時には最上のつまみ。
オススメ★★★☆☆

Amazon.com

DMM.com

top

 

  エネミー・ライン

 

 あくまでもフィクションとしてですよ、フィクションとしてみた場合、ド肝を抜くミリタリー+サヴァイヴァル・アクション。本来B級で済まされてしまうのに、時勢が時勢だからAクラスに昇格してしまったド派手な1本(2001年当時)。トップガンに憧れて海軍パイロットになったものの、日々偵察任務だけでくさっていたパイロットが、敵地で死に物狂いのサヴァイヴァル・ミッションにさらされる。いくら最新鋭のF18パイロットでも、飛行機がなくなれば“ただの人”。というわけで迫り来るセルビア人から必死の逃亡劇を演じます。「プライベート・ライアン」を思い出させる映像テクニックと、空母カールビンソンでの光景はド肝を抜かれてしまいます。そして実際に海兵隊にいたジーン・ハックマンのお陰で雰囲気はバッチリ。海兵隊の結束は良く分かったけれど、シリアス作「ブラックホーク・ダウン」と比べたりはしないでください。あくまでオヤジ映画の範疇で、熱い軍隊賛美ものなんだから。
オススメ★★★☆☆

Amazon.com

DMM.com

ホームページ テンプレート フリー

Design by

inserted by FC2 system