関連テーマ

サイドボックス

ここにテキスト


出し

1911 

 1911    1911

 

 大ヒットした「レッド・クリフ」をPART1だけでパスしてしまった、三国志を全く知らない西洋かぶれのワシ(正確には無教養)。周囲には「え!知らないの?」と怪訝な顔をされ、確かに合戦部分は物凄く見ごたえがあったけれど、三国志に触れたことがないもんだからサッパリ。善玉の二人は美形で、どいつもこいつもいい奴で、「忠義心の押し売りだな」などと言って笑われた。でもさ、全く知らないで見ると悪玉の曹操にけっこう肩入れしちゃう。だって体が悪くても国家統一を目指しているし、昔の女が忘れられないなんて人間臭いじゃん。

 

 という恥ずかしくも苦い思い出があったので、冒頭にビビりました。なにせ「レッドクリフ」と同じようなイントロが入っている。もっともやばいなぁ、と思ったのは最初だけで、圧倒され、血が騒ぎ、感動する歴史巨編で素晴らしかったです。おまけとして歴史の勉強にもなる。海外向けタイトルは「1911」ですが、原題はそのものズバリ=辛亥革命。「ラストエンペラー」の壁の外側で、何が進行していたかを描くのは、やはり現代中国人の権利であり義務。歴史の授業で孫文、袁世凱の名前は知っていても、革命軍を実際に指揮した英雄=黄興は知らない。歴史の授業に良くあることですけれど、興味が沸かなくちゃただ覚えるだけで、試験が終わりゃあキレイサッパリ忘れてしまう。本作は教材としても実に有効な作品で、現在かの国の礎を築いた人々への関心は当然のように深くなります。

 

 王朝が腐敗して西洋列強に蝕まれていくのは中国の宿命みたいで、「SPIRIT」とご同様、孫文をはじめとした革命烈士が立ち上がる。ところが山あり谷ありでそう簡単にはいかない。大国の革命ですからとにかくスケールはでっかくて、「レッズ/REDS」を思い出す。チェ二部作(「チェ28歳の革命」「チェ39歳別れの手紙」)は抑え目な描き方もあって、あまり革命の映画には見えなかった。しかしこれは王道で、激動の中国を真正面に捉えている。激戦の中、兵士を指揮してまわるのがジャッキーさん演じる黄興で、こんなシリアスな彼を見たのは「新ポリスストーリー」以来。「ベストキッド」の時もいよいよこの人は枯れた役になるのかと思ったけれど、元々カリスマ性はあるのだから、威厳のある役は年齢に相応しい。「海洋天堂」ジェット・リーも演技派開眼しましたが、アジアのアクションスターは合衆国とはちょいと違う。

 

 もちろん歴史にその名を刻んだ孫文も凄い人だなぁ、とただただ感心。国内は信頼のおける友に任せ、祖国を危うくしている西洋に飛んで、英国で活動。国際的な視野は政治家にとってあって当然の能力ながら、この時代にこれほど世界を読んでいた人類はいったい何人いたんだろう?孫文役のウインストン・チャオは歴史に名を残した偉人そのもので、反比例して俗物なのが袁世凱、見事なコントラストだった。また黄興について従軍看護をしている徐宗漢は正統派美人で、演じるリー・ビンビンがまた強いながらもステキ。さらに革命烈士の1人、フー・ゴー演じる林覚民は本当に隙のないハンサム。はっきり言って革命を起こす側は可能なかぎり好意的に描かれている。

 

 それは何より現在の中国の人々に、祖国の礎を築いた人々の想いを伝えたかったのでは?「北京バイオリン」などを見ても、かの国は発展し、ピークを迎えつつある。もちろんその後はどうなるかは、残念ながら我が国が悪い見本。「戦場のレクイエム」でも戦闘シーンに舌を巻きましたが、本作はスケールがより大きくなっている。中国映画もいよいよ合衆国に肉薄するか、という超大作。しかしながらジャッキーさんが渾身の演技を披露しているのも、作品の根底には“熱い願い”が込められているからなのでしょう。周囲に聞いてもこの作品に関心を持っている者は少ないけれど、もったいないなぁ。隣国の情報を収集する目的ではなく、かの国を知るにはもってこいなんだけど。

 

 なお最近お客さんに「香港映画で良いのない?」と聞かれて、ハタと気がついたんですけれど、もはや同じ国ですもんね。自分でも「ブレイキング・ニュース」で最近香港映画が云々と書いているけれど、完全な誤り。「チャイニーズ・ボックス」は現在見ることができないけれど、香港返還はそんなに遠い昔じゃない。忘却のスピードが速くなっている現代でも“忘れてはならないこと”を刻んだ重要な1本でした。ただ頭が下がったのはジャッキーさんのサービス精神で、歴史巨編なのにちゃんとファンサービス(格闘シーン)を入れている、ぜひご覧になってご確認を。それにしても東映の波が、東宝の劇場ではじける時代にいつからなったんだろう?

 

現在(11/8/2011)公開中
オススメ★★★★☆

Amazon.com

DMM.com

 

前のページ  次のページ

 

top

 

関連作

   レッズ

 

 中学生のときワケも分からず連れて行かされて観た歴史巨編。何で巨編という印象があるかというと、えらく長くて“休憩”の入る作品を観たことがなかったから。他に「七人の侍」とケネス・ブラナーの「ハムレット」 くらいか。そういや劇場は銀座の東劇だった。ロシア革命がなんなのかはサッパリながら、少なくとも熱気は伝わってきた。後年革命児チェ・ゲバラの二部作(「チェ28歳の革命」「チェ39歳別れの手紙」 )を観た時に、最も違うと感じたのはこの作品で革命といものを捉えていたからだろう。ウォーレン・ベイティ入魂の芝居で、彼が駆け抜けていくシーンは鮮烈に覚えている。「小便まで赤だな」などと言われるくらいに、革命に没入していく本物のジャーナリスト。また彼を見守るのがダイアン・キートン扮するルイーズで、さらに彼女を見守るのがジャック・ニコルソン演じるユージンだったような。関係者のインタビューは後に「恋人たちの予感」を観た時に「おっ、そういえば「レッズ/REDS」に似てるななどと思った。当然アカデミー賞も受賞している。でもこの題材に挑むんだから、ウォーレン・ベイティはスゴイよね。 
オススメ★★★★☆

Amazon.com

ホームページ テンプレート フリー

Design by

inserted by FC2 system