団塊ボーイズ   2/15


 主演ジョン・トラヴォルタ、ティム・アレン、マーティン・ローレンス、ウィリアム・H・メイシー。この取り合わせは実はかなり豪華なんですけれど、この国ではまったくアピールしない。知名度があるのは「パルプフィクション」などに出ているジョン・トラヴォルタ「バッドボーイズ12」の片割れマーティン・ローレンスくらいでしょうか。

 しかしながら、幸運にも公開されて良かった。アメリカのコメディをご存知の方ならこのメンバー、ビビーンとくるはず。で、さすがは全米ナンバーワン・ヒットしただけのことはある一品。以前「シティ・スリッカーズ」というやはり親父コメディがありましたが、まさにあのライン。自分の人生に疑問を持ち始めたおっさん達が、ハーレー・デイヴィッドソンにまたがり西海岸を目指す。道中であれやこれやの騒動が・・・。この辺は本当にアメリカン・コメディそのものと言った、あっけらかんと予定調和の面白さ。「シティ・スリッカーズ」はカウ・ボーイでしたが、こちらはバイカー。どちらも時代に取り残された“男の憧れ”。

 ま、女性からは「アホ」の一言で済ませられてしまうような、無駄の象徴のようなバイクにまたがり、実に楽しげなおっさん達の旅路はそれなりに微笑ましいのです。それにしてもどーして画にはならないけど、繰り返しネタになるのか男の“自分探し”・・・。あの好きな人には心地よい“爆音”、嫌いな人にはただの“騒音”、はこの作品の売りの一つで、劇場で体験する価値ありです。だって映画館でなければ近所迷惑になってしまいますもの。

 また脇役にどう考えてもこの種のコメディに出演しそうにない、レイ・リオッタ(「グッドフェローズ」「アンフォゲッタブル」)やマリサ・トメイ「忘れられない人」 )が出てくるのも映画好きにはたまらない魅力。もちろんハーレーだけにピーター・フォンダのカメオ出演はお約束。なかなかこの国では劇場公開が見送られてレンタル直行 のコメディが増えてきましたけれど、ティム・アレンなどは知らないと損なコメディ役者です。彼の「ギャラクシー・クェスト」なんかスタートレックのパロディでサイコーなんだから。ウィル・フェレルのコメディ同様お忘れなく。

現在(2/15/2008)公開中
オススメ★★★☆☆
WILD HOGS/団塊ボーイズ [DVD]

←前のページ 次のページへ→

団塊ボーイズDMM.comDVDレンタル

top  

     
      アンフォゲッタブル

                      
 「ボーンズ」とか「CSI」の前に出てきた“鑑識”が事件を捜査してしまうサスペンス。もちろん鋭利な頭脳の持ち主が、科学的な知識を駆使して犯人を突き止めるのではなく、新発見の医療技術を使ったように見せるところがミソ。脳髄と聞いても素人は何だか分からないから、“それを移植すれば他人の記憶が覗ける”という仕組みは説得力がある。もう少し科学的になると、「夢の涯てまでも」みたいにサイバー・パンク寄りになるんだけど、主演のレイ・リオッタがマッド・サイエンティストの雰囲気を醸し出しているので、サスペンスの領域に止まっている。

 「グッドフェローズ」にしろ「不法侵入」にしろ、この時期の彼はヤバイ感じが漂っていました。自らを人体実験に供して、妻殺しの真相を追うんだけど、どこかマトモじゃない。ヒロインはチョット疲れた感じではあるけれど、白衣の似合うリンダ・フィオレンティーノは大好き。「メン・イン・ブラック」ともどもなぜかこの衣装なんだよな(バリー・ゾネンフェルドも良い趣味している)。タイトル通りエンディング・テーマはナット・キング・コールの名曲だけど、残念ながら娘と共演の新作ではありません。これと目の手術をした後、犯人を目撃してしまって追われる「瞳は忘れない/ブリンク」ともどもB級サスペンスとしては“上の部類”。もちろんこれらをB級にしてしまったのは他ならぬ「セブン」だと思う。
オススメ★★★☆☆

アンフォゲタブル [DVD]

DMM.com CD&DVDレンタル  アンフォゲッタブルDMM.comDVDレンタル         

   top
                         
inserted by FC2 system