関連テーマ

サイドボックス

ここにテキスト


出し

あなたになら言える秘密のこと

  あなたになら言える秘密のこと

 

 良い映画の上映期間が短命なのはここ数年の傾向で、さっさと終わってしまったからつまんないのではなくて、事実はその真逆。よってさっさと観に行かないと終わってしまうのが嘆かわしい現状。この作品もその例に漏れず、“そうじゃないかな?”と睨んでいたら大正解。滑り込みセーフ、最終日に観ることが出来てラッキーでした。ま、いつの時代も・・・と嘆いていても仕方がない。それにしてもこの監督の前作「死ぬまでにしたい10のこと」だって、そこそこヒットしたんですけれどね。

 

 さて監督も同じなら、主役も前作に続きサラ・ポーリー。今回の彼女は素晴らしかったですね。彼女が演じるのは工場で寡黙に働く難聴のハンナ。無遅刻、無欠勤で無理やり休暇を取らされた彼女が向かった先が海辺の町。ここまでの描写が実に自然で素晴らしい。全編英語で気がつきませんでしたけれど、これはスペインの映画なのです。ちゃんとそのテイストが活かされていて、淡々とした中にも目を楽しませてくれるミニシアター 系の持ち味が出ている。

 

 偶然にも海上の油田採掘所で事故が起き、そのけが人の看護をすることになるところから、彼女の過去が少しずつ見ている側に明らかになっていきます。彼女が看護するけが人に扮したティム・ロビンスも本当に素晴らしい。ハリウッドの作品だと大抵ウドの大木役(「さよならゲーム」「未来は今」)が多く、マヌケ男を演じたら天下一品なんですけれど、この人の繊細さがまた作品の質を上げている(実際監督作「デッドマン・ウォーキング」は傑作)。

 

 殆ど人付き合いのない海上の油田採掘所という静かな(海上なので実は波の音があるんですけれど)場で、少しずつ心を通わせていく患者と看護師。そしてとうとう本人の口から語られる彼女の過去は、あまりにも残酷で信じがたい地獄そのもの。それは旧ユーゴスラヴィアで起こった内戦のこと。アジア極東のこの国ではまず知る機会がありませんけれど、ジャン・リュック=ゴダールも「アワー・ミュージック」 という作品で語っているようにヨーロッパの人々にとっては身近な恐ろしい出来事。この作品が訴えたかったのはまさにこのハンナが語る秘密で、本当に胸が張り裂けるような信じがたい、恐ろしい事実。今も世界の各地で繰り返されている悲劇にやはり愕然とさせられます。

 

 しかしこの作品が素晴らしいのは、ただ絶望するだけで終わらないところなのですが、それはぜひご覧になってから確めてみてください。もちろん悲劇が語られるからといって全編悲しみに暮れる作品という訳ではなく、特に舞台となった石油採掘所なんて、滅多にお目にかかれないロケーションですからそこら辺もユニークな見所の一つ。小品ながら、映像のクォリティはきわめて高く、内容がしっかりしている。まさに本物の感動作です。公開は終了してしまいましたけれど、DVDでリリースされたらぜひご覧ください。

 

現在(3/2/2007)公開終了                                
オススメ★★★★★

Amazon.com

DMM.com

 

前のページ   次のページ

 

top

 

関連作

  死ぬまでにしたい10のこと

 

 若くして死を告知されたアンが、それと向き合い、受け入れ、残された時間を充実したものにしようと努力する映画「死ぬまでにしたい10のこと」。大袈裟すぎず、地道な作品であることがまず好感を持てます。何より原題の私のいない人生“my life without me”がクールに響いてくるのです。
オススメ★★★★☆

Amazon.com

DMM.com 

top

 

  さよならゲーム

 

 馬鹿の若手投手を演じていますけれど、なんとこの作品でパートナーのスーザン・サランドン を獲得したティム・ロビンス。役者としてはどうしても“ウドの大木”になりがちですけれど、もし彼がいなかったらケビン・コスナーはこのスポーツ ・コメディで笑ってもらえなかったでしょう。彼とコスナーの掛け合いは必見です。
オススメ★★★☆☆

Amazon.com

DMM.com

top

 

  アワーミュージック

 

 映画好きとしては笑われてしまうかもしれませんけれど、「勝手にしやがれ」と「気狂いピエロ」以外はさっぱり分からないジャン=リュック・ゴダール。そんな凡庸な感性のわからんチンでも感激してしまう一本。あの悲惨な紛争のあった、サラエボを訪れるゴダール。人類の悲しさと、対照的なラストシーンの美しさは目に焼きついて離れない、映画作家ゴダールならでは。さすが“現在唯一の”と呼ばれるだけあります。 
オススメ★★★★☆

Amazon.com

DMM.com

ホームページ テンプレート フリー

Design by

inserted by FC2 system