恋愛睡眠のすすめ      
              5/20


 トシのせいか「ヒューマンネイチャー」が今ひとつピンとこなかった。そして話題にはなっていたけれど、「エターナルサンシャイン」もパス。コレが大損、観るべき映画作家ってまだまだいるんですねぇ。

 この国では辛うじて観ることの出来るフランス人女優、シャルロット・ゲンズブール(「21g」「アンナ・オズ」)の新作だから見に行ってみたのだけれど、とにかく冒頭から可愛らしくて可笑しくて。主人公は夢想癖のある既に大人の“男の子”。このキャラを実に見事にガエル・ガルシア・ベルナルが体現している。つい最近では「バベル」でいかにもラテン系の男を演じていましたし、デビュー作の「アモーレス・ペロス」だっていかにも南米の血が濃い。

 しかしこの作品に登場する彼は実に繊細で、いつの間にか世界の映画に欠かせない存在に成長していたんですね。まるで例えは古いんですけれど、フランソワ・トリュフォーの作品に出てくるジャン・ピェール・レオそのもの。いかにもフランス映画のテイストが楽しめる久しぶりの作品。所々に差し込まれる可愛らしいアニメーションは見所の一つ。そして彼に相対するのがまさにフランス映画の血統書つき女優、シャルロット・ゲンズブール。いつの間にかまさに“大人の女”になっていました(シクシク)。

 このとっくに現実を知っていて、地に足のついた人生を歩んでいる女性に対して、いつまで経っても夢の中から抜け出せないでいる男の子。この図式を可笑しくも、可愛らしい映画に仕上げた監督の手腕はなかなかのもの。他の国ではなかなか出せないテイストです。確かにただ“夢うつつ”にしていたんじゃヤバイから、ラストには苦味があるんですけれど(コレも実はおフランス・テイスト)そこんところの好みは分かれても、この作品は大推薦の1本。

現在(5/20/2007)公開中                                    
オススメ★★★☆☆

恋愛睡眠のすすめ スペシャル・エディション [DVD]

←前のページ 次のページへ→
 
恋愛睡眠のすすめDMM.comDVDレンタル

top

 
     アンナ・オズ

                                                    
 
たいてい失敗してしまうデビィッド・リンチ風のサイコ・サスペンス(実際はサスペンスですらないけれど)。数少ない成功例がエリック・ロシャン(「哀しみのスパイ 共々大好きな監督)のコレ。パリとベニスがパラレルに描かれ、夢だと思っていた片方が、徐々にもう一方を浸食していくというストーリー。映し出される風景は美しく、ミステリアスでもある。加えてシャルロット・ゲンズブールの魅力炸裂で言うことなし。知られていませんけれど、デミ・ムーア主演で合衆国でもリメイクされた。
オススメ★★★★☆

アンナ・オズ [DVD]

DMM.com CD&DVDレンタル  アンナ・オズDMM.comDVDレンタル

   top
                         

 
     ヒューマン・ネイチュア

        
いやはやそのタイトル通り人間の本質に迫る
なかなかに深い作品でした、意外にも。

 「マルコヴィッチの穴」
のスタッフが作ったというんで爆笑モノかと思いきや、結構人間の本質に迫っていくので途中からコレは“侮れないな”という展開に。ティム・ロビンスは生真面目な“博士”を、パトリシア・アークェットは全身毛だらけの女を(トホホ)、そしてなんと言っても自らをサルと信じて疑わず、ティム・ロビンス扮する几帳面博士のアホな生体実験のえじきになってしまうリス・エヴァンスは凄いですね。(ほらCFでパンツまで脱いでいた人です)。この人はまず「ノッティングヒルの恋人」でヒュー・グラントの珍妙な同居人を演じていましたけれど、今回この役はその延長線上のずっと先までいっちゃってます。大丈夫かなとも思いましたけど、なんとこの直ぐ後に観た「シッピング・ニュース」では物静かな男に変貌していました。いやはや人は見かけによりませんな。
オススメ★★★☆☆

ヒューマン・ネイチュア コレクターズ・エディション [DVD]


DMM.com CD&DVDレンタル  ヒューマン・ネイチュアDMM.comDVDレンタル

 

   top
                         
inserted by FC2 system