スタンドアップ       1/20


 

  「クジラの島の少女」の監督ニキ・カーロが “全米で最初にセクシャルハラスメント訴訟に勝った実在の女性をモデルに映画化した感動ドラマ。”その主演になんと美人女優のシャーリーズ・セロン を起用。これだけで不安と期待がない交ぜになってしまうけれど、結果は素晴らしい出来の一品。 「モンスター」では敢えてその美貌を封じた彼女でしたが、今回は自然な感じの美しさが素晴らしいですね。

 原題〔NORTH COUNTRY〕にもあるように主人公の出身地は北国。シングル・マザーで、両親に頼ることもままならない彼女が、子供達を食べさせていくには過酷な労働しか選択肢がない。しかしそこには未だ女性を受け入れるだけの空気のない、未開の社会が待っていたのです。毎日繰り返される、仕事を奪われたくない小心者の男たちの嫌がらせ。(この辺りは自分も男だけに、不愉快極まりないですね)

 そして彼女は卑劣な男社会からとうとう追い出されてしまう。ところが彼女は気丈にもこの揺ぎ無いように見えた不正社会に敢然と立ち向かっていくのです。その毅然とした態度で立ち向かっていく姿勢がいつしか周囲を・・・となっていく決してお涙頂戴ではなく、権利を勝ち取っていく様は感動的。ですから、邦題の“スタンド・アップ”はまさにテーマを浮き彫りにした良いタイトルなのです。

 キャストも主演のシャーリーズ・セロン だけでなく、共演のフランシス・マクドーモンド、いいですねぇ。「デブラ・ウィンガーを探して」 でこの人は本当に頭の良い女優だなぁと感心しましたけれど、変幻自在の演技力は“味”すら感じさせます。更に嬉しかったのは「ロード・オブ・ザ・リング」とか「サウンド・オブ・サイレンス」なんかだと、悪役だったり脇役だったりするショーン・ビーン(この人結構好きです)ですけれど、この作品で見せる貴重な1シーンは見逃せません。卑劣な“男”が多く登場する本作ですけれど、“男”の良い面を体現する人物として貴重な1シーンがあります。涙なしでは見られない名場面です。そして弁護士役のウディ・ハレルソンもなんだインテリの優しい男が似合うじゃないかと感心してしまいます。なにせ「ナチュラル・ボーン・キラーズ」や「ラリー・フリント」の人ですから。かなり上手い役者の気張らない素晴らしい演技と、今日的で人間の尊厳がテーマのこの作品、男性女性に拘わらず必見の一品です。

現在(1/20/2006)公開中
オススメ★★★★☆

スタンドアップ 特別版 [DVD]

←前のページ  次のページへ→

top

 クジラの島の少女

                                                                
  原題の“Whale rider=クジラの乗り手 ”がテーマを一言で表している感動作。一族の伝説を信じ、男の子を待望していた頑固者の祖父の意向に反して、生まれてきた主人公。でも実はその子こそが・・・「風の谷のナウシカ」 を実写にすると、こうなるんじゃない?という内容。またそれを倍加させる効果として、ニュージーランドの風景があり、現代でありながら家族も温かい。主人公の少女は“芯が強く聡明な自然児”でまさに適役。
オススメ★★★★☆

クジラの島の少女 [DVD]
   

   top
                         

   
     ロード・オブ・ザ・リング

                        
 
これぞ原点/原典! 「ロード・オブ・ザ・リング」を観てしまったら、こう言うしかないくらい巨大な作品であると圧倒されてしまいます。なるほどねぇ、ルーカスも栗本薫もこれが好きだったんだなぁ、と改めて痛感してしまいました。公開前からさんざん予告編を目にしてきて、製作開始のニュースはとにかくずいぶんと前から話題に上り、一体なんでそんなにと思っていましたけど、いやはや話題になるのも当然ですよ。ほぼ三時間ダレないんだから。でも見所は重厚かつ綿密な物語だけではありません。物語について言い出すと長くなるし、劇場に行って楽しめなくなってしまいますから、ここでは触れません。で、他の見所はというとキャスティング。最近公開されたオール・スターで責めまくりの「オーシャンズ11」も大した一品でしたけれど、この作品も結構キャスティングには目を見張るものがあります。
オススメ★★★★☆

ロード・オブ・ザ・リング ― コレクターズ・エディション [DVD]

top
                         

 
    サウンド・オブ・サイレンス

                   
 相変わらず女性に囲まれていても、違和感を感じさせないセクシー中年のマイケル・ダグラス。原題の“DON’T SAY A WORD”が如実にそのストーリーを現している通り、その一言が鍵になるノン・ストップ・サスペンス。マイケル・ダグラスを囲む二人の美女にご注目。一人は「X-MEN」 のファムケ・ヤンセンで、もう一人は「8Mile」 のブリタニー・マーフィーと女優陣なも結構豪華なのです。
オススメ★★★☆☆

サウンド・オブ・サイレンス (特別編) [DVD]

top
                         

inserted by FC2 system