敬愛なるベートーヴェン   12/20


 かつて「不滅の恋ベートーヴェン」(ごめんなさいレンタルありません)という作品でベートーヴェンが描かれましたけれど、今回も耳の聴こえない天才音楽家を主人公にして、全く新しい解釈で臨んだ偉人伝が登場。あの有名な“第九”が生まれた背景には献身的な女性がいたというお話。

 ま、パンフレットにもありましたけれど、完全なフィクションなのだそうで、実際はどうだったかは分かりません。しかしそれは「不滅の恋ベートーヴェン」もご同様。ただ端々に描かれるエピソードは実際のものだし、見ていてベートーヴェンの人となりを知るにはもってこいの作品。で、原題の“copying beethoven”にもあるとおり、主人公は作曲家ベートーヴェンの写譜をするうら若き美女。彼女の目を通してベートーヴェンという作曲家が浮き彫りになります。前半のクライマックスは何と言っても“第九”初演の瞬間。確かに出演者は気迫のこもった演技を披露するのですけれど、ベートーヴェンの音楽の前にはその映像自体が負けてしまうのですね。これは坂本龍一「××××××」 でベルトルッチの映像に勝利してしまった時のことを思い起こさせます。

 監督はアニエスカ・ホランド。ポーランド出身の人ですから、この国の人には馴染みの薄い人かもしれませんけれど、いかにもヨーロッパのテイストのある映像は魅せられてしまいます。そしてベートーヴェンに扮するのがなんとエド・ハリス 。この人大好きな役者さんなんですけれど、まずイメージするのは「ライトスタッフ」「アポロ13」「目撃」の実直な男だったり、「トゥルーマンショー」 なんかだと温かみのある男だったり、最近では「ヒストリー・オブ・バイオレンス」でおっそろしい役もやってました。でも演技派で手堅い印象はあるけれど、まさか天才音楽家まで出来るとは、本当に芸域の広い人です。

 また監督がこの人をお気に入りなのは一目瞭然。何度もお尻出させてましたからね。さて主人公のうら若き女性を演じるダイアン・クルーガーも楽しみだったんですけれど、この人、美人過ぎます。「ミッシェルヴァイヨン」 以来かなりお気に入りなんですけれど、中谷美紀同様あまりに整い過ぎて美しい顔というのは案外役者にとってはマイナスに働くんじゃなかろうかなどと思ったりしました。「のだめカンタービレ」(本当に面白いんすよ)でクラシック熱が再燃の昨今、映画を見に行って楽曲を聴くもよし。そして何と言っても、二世紀にわたって親しまれる楽曲というのは人類の宝なのですから。

現在(12/20/2006)公開中
オススメ★★★★☆

敬愛なるベートーヴェン [DVD]

←前のページ 次のページへ→

敬愛なるベートーヴェンDMM.comDVDレンタル


top

     
    不滅の恋ベートーヴェン


 音楽室での形相そのままに激しい気性の音楽家ですけれど、そこはやはりミュージシャン、モテたのです。タイトルの“不滅の恋”とは死後見つかった手紙に書かれていた言葉で、これがこの映画の発端。で、弟子が彼の女性遍歴を追ううちに、複数の候補が揚がってきて実は・・・。実際がどうだったかは未だ不明なのだそうです。尤も映画としては抜群に面白いお話に仕上がっています。それにしても、モーツァルトの時代と異なり、貴族が殺されてしまった時代ですから、この人結構威張っています。その辺を「アマデウス」と見比べるのも一興。しめはもちろん第九の流れる中の大団円となります。音楽映画 として大推薦の1本。
オススメ★★★★☆

不滅の恋 ベートーヴェン デラックス版 [DVD]  

               

   top
                         

   
    アマデウス



 フルネーム、ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト。この人のミドル・ネームを採ってこのタイトルになっています。同時代に生きていたサリエリという音楽家を悪役に仕立てて、サスペンスタッチで進行する構造となっており退屈しません。 “サリエリ”を演じたF・マーリー・エイブラハムはこれでアカデミー賞 を獲得。しかし肝心のモーツァルトなくしては成立しない作品ですし、演じたトム・ハルスは素晴らしい。まさに紙一重の天才音楽家をギリギリの演技で体現しています。まさか皇帝の御前で笑いを漏らすなんて、到底まともな人間はしませんものね。それにしてもこの人といい、ベートーヴェンといい、どうして天才音楽家のお父さんて怖い人ばかりなのでしょう。
オススメ★★★★☆

アマデウス [DVD]

DMM.com CD&DVDレンタル  アマデウスDMM.comDVDレンタル 
「アマデウス」オリジナル・サウンドトラックDMM.com CDレンタル 
            

   top
                         
inserted by FC2 system